CADDY BLOG

2019.10.01

松山英樹のキャディ進藤大典氏のブログ vol.103

ツアー選手権
ツアー選手権
PGAツアー2019-20シーズンが
あっという間にスタートします!

ローリーのツアー選手権での優勝が冷めやらぬうちとはまさにそのままですが、今シーズンはどんなドラマが待っているのか、今からワクワクしています!来月は、アジアシリーズもあって、日本初開催のZOZOチャンピオンシップ、HSBCチャンピオンズ、年末には2年に一度のプレジデンツカップも開催されます。そう思うと、また年末まで休む間もなく魅力的な試合が続いていきますね。

ZOZOチャンピオンシップに関しては、先日メディアデーにゲストで招聘していただきPGAツアーで6年間培ってきた視点でいろいろお話させていただきました。

NEXT

∧

∨

また開催地である習志野CCを拝見させていただきましたが、PGAツアーが日本で初開催されるに相応しいコースコンディションでした。グリーン、フェアウェイ、カッティング、芝の状態どれを取ってもメンテナンスが行き届いていてこんなに良いコンディションのコースを久しぶりに見ましたし、選手の技術がダイレクトに伝わっていく最高の状態で、そのままそれがスコアに直結していくはずです。皆様もご承知のとおり、先日の千葉を直撃した台風により習志野CCも少なからず倒木などの影響を受けていましたが、スタッフの皆様総出で、来るべき試合に備えて準備をされているご尽力の姿に、本当に頭の下がる思いでした。出場する選手たち、コースコンディション、どれをとっても超一流の試合となり盛り上がことは間違いありませんし、きっとアジアNo1の試合として存在感を高めていくと思っています。いまから本当に待ち遠しいです!

英樹にとっては束の間の短いオフでしたが、その間、食事に行ったり練習したりと、約半年ぶりに顔を合わせてゆっくり話をすることができました。実感したのは、スイングが凄く仕上がっている、というか、振れているバランス、ボールの飛び方、音、クラブの入り方など、各段にレベルが上がっていると感じました。自分に厳しい英樹本人も手ごたえを感じているくらいなので、今シーズンの英樹は大きなことをやってくれそうな匂いをプンプンと感じました。まずは開幕戦からの2試合でどんなパフォーマンスを見せてくれるか期待が高まります。

そして、僕にとっては、キャディ現場から離れてロープ外からPGAツアーに接していく2シーズン目となります。日本では、ラグビーワールドカップ、東京オリンピックはじめビックイベントが開催され世界の目が日本に集まっています。今回のZOZOチャンピオンシップもその中のひとつで、若い層から今までのゴルフを引っ張ってこられたシニア層にゴルフへの注目を再び呼び起こすゴルフ界における起爆剤になって欲しいです。英樹や世界トップレベルの選手達のプレーを見たジュニアがこのビックイベントを通じて世界を目指すきっかけになって欲しいと心から思います。僕自身もPGAツアーで経験したことを少しでもジュニア世代に伝え、これから英樹のように世界を目指すジュニアの役に立てるような活動に取り組んでいければと思っています!キャディブログも今シーズンで7シーズン目に入りますが何卒宜しくお願い致します!

松山英樹キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

LINE UP

  • UXUX F/F SPORTF/F SPORT LEXUS SUVLEXUS SUV

LEXUS INFO

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。