CADDY BLOG

2019.09.03

松山英樹のキャディ進藤大典氏のブログ vol.102

ツアー選手権
ツアー選手権
2018-2019PGAツアーが
終了しました。

チーム松山の一員として現場で戦っていた昨シーズンと比べて、新しい環境の中違う立場でPGAツアーを見させていただいた今シーズンは、本当にあっという間でした!それでもこの1年間、本当にたくさんのドラマがあった、内容の濃いシーズンだったと思います。

ビックトーナメントだけを取り出しても、世界中が震えたマスターズでのタイガーの復活優勝。憎らしいまでに強いケプカの全米プロ連覇。全米オープンでのウッドランドのメジャー初優勝。68年ぶりに開催された北アイルランドでの全英オープンを地元優勝で飾ったローリー。

NEXT

∧

∨

そして最終戦のツアー選手権で有終の美を飾り年間チャンピオンとなったマキロイ。僕自身もPGAツアーで生の彼らを見てきましたが、本当にそれぞれの選手が、PGAツアーという華やかな舞台の裏で悔しい思いをして、その悔しさを懸命に乗り越える努力をしてきたからこそ優勝できたんだと実感したシーズンでした。

英樹は今シーズンは優勝には届きませんでしたが、あの追い込まれたプレッシャーの中でのBMW選手権、63のビックスコアを2日間出して6年連続のツアー選手権出場を成し遂げ、ツアー選手権を9位フィニッシュ、FEDXランク9位でシーズンを終えたことは、本当に英樹ならではの勝負強さと凄みを見せてシーズンを締めくくってくれたと思います。本人のコメントにもあるように、ここ数年取り組んできたことがひとつひとつ積み重なり、手応えが確信に変わってきているんだと思います。それでも、ツアー選手権終了後に話をしましたが、「PGAツアーのレベルがどんどん上がってきている」と本人は実感しているようです。やはりそこで勝つためには、日々の成長が欠かせないということを英樹が一番実感しているんだと思います。

チームにとっても全英オープンが終わってから本当にタフな6連戦だったと思いますし、しばしの間心身ともにゆっくり休めてリフレッシュして欲しいと思います。

PGAツアーは、休む間もなく2週間後には、2019-2020年シーズンがスタートします。10月末にはPGAツアー日本初開催となるZOZOチャンピオンシップもあります。今シーズンで掴み取った手応えを発揮する英樹を間近で見るのが今から楽しみです!

松山英樹キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

LINE UP

  • UXUX F/F SPORTF/F SPORT LEXUS SUVLEXUS SUV

LEXUS INFO

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。