CADDY BLOGCADDY BLOG

2014.09.22

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.10

ツアー選手権byコカ・コーラ
ツアー選手権byコカ・コーラ
英樹と僕のPGAツアー元年が
終わりました。

英樹と僕のPGAツアー元年が終わりました。これまでも、何試合かPGAの試合にはスポット参戦はしていて、ツアーはこんなものだろうというイメージは持っていました。でも実際にフル転戦してみると、やはりスポットとは訳が違いました。毎試合知らない場所、知らないコースで、知らない選手と同組で戦う。いずれメジャーを取る気の英樹でさえ、ストレスは少なくなかったと思います。

できるだけ気持ち良くプレーに集中してもらえるように、僕は他の選手やキャディーとコミュニケーションをとり、自分達の居場所を作るように心掛けてみました。

NEXT

∧

∨

そんなに英語が話せる訳ではないので、最後は気合! という感じでしたが(笑)。

こちらのみんなは、そんな僕を快く受け入れてくれました。
名前で僕の事を呼んでくれて、挨拶してくれたりする人達が段々と増えていき、とても嬉しかったです。

最初は「こいつは誰だろう」といった態度の人や、挨拶してもあしらわれてしまうことも、正直ありました。
でも僕もこう見えて結構しつこい性格な方なので…(笑)、めげずに挨拶をし続けました…(笑)

やっぱり僕は英語がまだ話せないですから、コミュニケーションが出来るのは挨拶と笑顔くらいです。
人は誰しも警戒心を持っていますから、こっちが向こうから優しく接して来てくれるのを待っていてはハッキリ言っていつまでも来てくれませんからね。相手にとっては僕らは外国人な訳で、おまけに言葉が通じないんですから…笑

嫌な奴だと勘違いされて損をする必要はないと思います。だったらこちらからその気持ちを発信し続けてやろうって、言葉は通じなくても気持ちは通じると思いますからね。

そんな風にしてると、やっぱりすごくうれしい出会いもありました。アダム・スコット選手のキャディー、

スティーブ ウイリアムスさんには、特に親しくさせてもらいました。

海外メジャー17勝を含め、通算150勝。ゴルフ殿堂入りまで決まった、誰もが認める世界一のキャディーです。タイガーと組んでいる時には、プレーのさまたげになったカメラマンから機材を取り上げ、池に投げ込んだほどのコワモテでもあります(笑)。今でも威風堂々としていて、存在感とオーラがバンバン出ています。そんなキャディーはスティーブか、ジャンボ尾崎さんの全盛期を担いでいた佐野木さんぐらいだと思います。

そんな彼が、事あるごとに今年何回もディナーに同席させてくれて、コースのアドバイスだったり色々と相談に乗ってくれたのです。
「PGAはそんな簡単な場所じゃない!not easyだ!not easyだ!」と何回も言われました!
また「キャディーは誰にとっても大変な仕事さ。何があっても前向きに頑張りなさい。また英樹のルーキーイヤーでのこの活躍は本当に素晴らしい!! 」

NEXT

∧

∨

キャディ歴35年以上の彼の言葉は、初めて1年を通してPGAツアーを転戦する僕にとって、何よりの支えになりました。英樹も僕も、1年かけて各大会のコースの特徴やツアーの流れを知ることができたので、来季はこれまでよりもずっと戦いやすくなると思います。スティーブに「おっ!」と思ってもらえるような仕事ができるように、僕も頑張りたいと思います。

最後になりましたが、PGAツアー元年を終え、改めて応援してくださったファンの皆様、ありがとうございました!すぐに10月から新シーズンが始まりますが、これからも応援よろしくお願いします!!

松山英樹専属キャディ

進藤大典

 

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close