2017 SUPER GT ROUND 6 46th INTERNATIONAL SUZUKA 1000km SAT 26 - SUN 27 AUG 2017 SUZUKA CIRCUIT, MIE

FINAL GT500

第6戦「SUZUKA 1000km RACE」
26th - 26th AUG, 2017

WedsSport ADVAN LC500 が最後の鈴鹿 1,000km で予選 2 位を獲得

2017 年の SUPERT GT 第6戦「46th INTERNATIONAL SUZUKA 1,000 km」が8月26日(土)、27日(日)、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットを舞台に開催された。第4戦の SUGO で幕を開け、第5戦の富士を経た“夏の三連戦”もこの“鈴鹿 1,000km”でフィナーレを迎える。

1966 年に記念すべき第 1 回大会が開催された“鈴鹿 1,000km”は単独レースとしては日本で最も長い歴史を持つ。2006 年からは SUPER GT の 1 戦としてシリーズに組み込まれてきたが、この伝統のイベントは 2018 年より SUPER GT を離れ、FIA GT3 車両を対象にした“鈴鹿 10 時間耐久レース”へ模様替えされることから、2017年の第46回大会で一旦、幕を閉じることになる。

このことについてドライバーとして 1987 年、1995 年と 2 度の優勝経験を持つ LEXUS TEAM KeePer TOM’S の関谷正徳監督は「WEC の一戦として開催されているル・マン 24 時間レースが特別な存在であるように、鈴鹿 1,000km レースも SUPER GT のなかでは特別なイベント。長いレースだからドライバーもメカニックも辛い一戦だが、だからこそチェッカーを受けた時の達成感は大きい。日本で一番の歴史を誇るレースがなくなるのは残念」と語った。

さらに 2014 年および 2015 年の大会を制した LEXUS TEAM au TOM’S のジェームス・ロシター選手も「日本で一番大きなレースで、距離も時間も長い特別な一戦。鈴鹿 1,000km が無くなるのはとても寂しい」と外国人ドライバーからも惜しむ声が聞かれた。

このように多くの関係者が鈴鹿 1,000km の終わりを惜しむなか、26日(土)の予選で好タイムをマークしたのが、関口雄飛選手、国本雄資選手のレギュラーコンビに加えて、WEC で活躍する小林可夢偉選手をサードドライバーとして起用した LEXUS TEAM WedsSport BANDOH だった。

早朝の雨の影響により、26 日の午前中に行われた公式練習はウェットコンディションで幕を開けた。真夏の太陽がアスファルトを照りつけたことで、路面はドライコンディションへ刻一刻と変化したものの、「朝の公式練習では調子が悪かった」と関口選手が語るように WedsSport ADVAN LC500 は 15 位と GT500 クラス最下位に沈んだ。

しかし、同日の午後に行われた予選では関口選手のアタックにより、WedsSport ADVAN LC500 が Q1 で 2 位を獲得し、Q2 を担当した国本選手も「ミスもなかったし、タイヤのグリップも良かった」と語るように、WedsSport ADVAN LC500 はコースレコードを更新。惜しくもポールポジションは逃したものの、多くの LEXUS 勢が70kg 以上のウェイトハンディで失速するなか、26kg とウェイトハンディが比較的に少ない WedsSport ADVAN LC500 が予選 2 位を獲得した。

真夏の猛暑のなか、距離にして 1,000km、時間にして約 6 時間の長さを誇る今大会はシリーズで最も過酷なイベントと言える。その厳しさについて 2016 年の大会を制した LEXUS TEAM ZENT CERUMO の立川祐路選手は「1,000km レースと言ってもペースは常に全開。1 時間ごとに交代するけれど、実質は 30 分しか休めないのでかなり辛い」と語る。

特にドライバーを苦しめているのが暑さにほかならない。SUPER GT の LC500 にはエアコンが装備されているが、市販モデルのように室内温度を下げるものではなく、エアダクトから腰や顔に冷風を当てている。それでも立川選手によれば「エアコンが付いてからは脱水症状を起こさなくなったけれど、やっぱり鈴鹿はタイよりも暑く感じる。昨年は最初から最後までバトルをしていたので、とにかく一番辛いレースだった。決勝後はいつも石浦(宏明)とご飯を食べているけれど昨年の鈴鹿は優勝したもののホテルに戻った」とのことで、その言葉からも鈴鹿 1,000km レースの厳しさがうかがえる。

さらに立川選手は「ドライバーだけじゃなく、ピットウォールに 6 時間も張り付いている監督やエンジニア、そして、レーシングスーツを着続けているメカニックもきついと思う」と続けた。

まさに鈴鹿 1,000km は日本で最も過酷なレースといえるが、2017 年の大会もレース序盤から脱落者が続出するサバイバルレースが展開されることとなる。

WedsSport ADVAN LC500 が殊勲の 4 位入賞

27 日(日)、鈴鹿サーキットは朝から真夏の青空が広がった。気温 30 度、路面温度は 47 度。風はなく、刺すような日差しが重たい夏の空気を焦がすなか、12 時 30 分、フォーメーションラップを経て 173 周にわたる長い旅路がはじまる。

レース序盤で素晴らしい走りを見せたのが、最前列からスタートした WedsSport ADVAN LC500 だった。12 周目に予選 3 位の KEIHIN NSX-GT に先行を許すものの、14 周目にポールポジションのフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R を交わして 2 位を奪還して 1st スティントを終える。

42 周目、GT300 車両がクラッシュを喫したことでセーフティーカーが導入されたものの、WedsSport ADVAN LC500 は 2 位をキープし、56 周目に 2 度目のピットイン。しかし、3rd スティントではなかなかペースが上がらず 69 周目には 5 位までポジションを落とす厳しい展開となる。代わって予選で 14 位に出遅れていた DENSO KOBELCO SARD LC500< が抜群のピットワークを武器に LEXUS 勢の最上位となる 4 位に浮上する。

折り返しを過ぎた 95 周目、GT300 車両のクラッシュで大会 2 度目のセーフティーカーが導入。再スタートが切られると早めのピットストップを行った WedsSport ADVAN LC500 は再び 3 位に浮上し、140 周目には規定で義務付けられている 5 度目のピットインを消化した。しかし、「3 位をキープしたかったけど路面温度が下がったので厳しかった」と LEXUS TEAM WedsSport BANDOH のチーフエンジニア、林寛幸氏が語るように WedsSport ADVAN LC500 は最終スティントでペースダウンを余儀なくされる。DENSO KOBELCO SARD LC500 は安定したペースで表彰台圏内の 3 位に浮上する。

レースも終盤 151 周目、平手晃平選手のドライビングで 3 位につけていた DENSO KOBELCO SARD LC500 は RAYBRIG NSX-GT と激しいポジション争いを展開した。この表彰台をかけた一騎打ちは、15 周以上にもわたって、テール・トゥ・ノーズの状態が続いたが、165 周目に DENSO KOBELCO SARD LC500 は陥落、4 位に後退する。それでも DENSO KOBELCO SARD LC500 は必死の追走を試みるものの、168 周目、サーキットビジョンにショッキングなシーンが映し出されることとなった。

白地に赤のラインが描かれた 1 号車はデグナーカーブを曲がりきれずに土煙を上げながらスポンジバリアに激突。「RAYBRIG NSX-GT との 3 位争いでタイヤを使い切ってしまった。チームからはポジションを譲っていいと指示があったけれど、素早いピット作業でタイムを稼いでくれたメカニックたちの奮闘に応えるためにも表彰台を獲得したかった。僕の判断ミス。チームに申し訳ない」。レース終了後、涙で目を腫らした平手選手は絞り出すように語ったが、こうして DENSO KOBELCO SARD LC500 はチェッカーを受けることなく、最後の鈴鹿 1,000km を終えることとなった。

2 回のセーフティーカー導入がもたらした波乱により、最後の鈴鹿 1,000km は予定の 173 周を消化することなく、規定の制限時間が過ぎた 18 時 28 分に終了することとなったが、最終的に WedsSport ADVAN LC500 が LEXUS 勢の最上位となる 4 位でチェッカードフラッグを受けた。惜しくも表彰台を逃したものの、国内で最も過酷なレースを走破し、貴重な 10 ポイントを獲得した。

そのほか、予選 8 位の KeePer TOM’S LC500 が 6 位入賞したほか、WAKO’S 4CR LC500 が 7 位、au TOM’S LC500 が 9 位、ZENT CERUMO LC500 が 10 位につけるなど計 5 台の LC500 が入賞を果たした。

SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 が自己ベストリザルトの4位で完走

激戦の GT300 クラスに 2 台の LEXUS RC F GT3 を投入する LMcorsa にとっても最後の鈴鹿 1,000km は特別な一戦となっていた。

なかでも、豊富な経験を持つだけに SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 のステアリングを握る両ベテランにとっては思い入れの強いレースで、「鈴鹿 1,000km は特別なレース。GT500 クラス(2002年)でも、GT300 クラス(2014年)でも勝っているけどその達成感は格別」と飯田章選手が語れば、吉本大樹選手も「ハコのレースで初めて勝ったイベントが 2007 年の鈴鹿 1,000km だった。そのあとも 2012 年、2014 年と 3 回も勝っているので思い出の多いレース。長いレースなので今年も優勝を掴みたい」と意気込みを語る。

その情熱をアスファルトに刻み込むように 26 日(土)の予選で SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 は好タイムを連発。「クルマのバランスは良かったけれど、130Rとシケインでミスしてしまった」と語りながらも吉本選手が Q1 で 2 位を獲得したほか、「シケインでタイムロスをしてしまった」と悔やむ飯田選手も Q2 でタイムアップを果たす。

フロントロウには届かなかったが、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 は予選 6 位で終え、中山雄一選手および坪井翔選手の若手コンビのアタックで予選 5 位につけた JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 に続いてサードロウを獲得した。

こうして 3 列目に並んだ 2 台のRC F GT3 は 27 日(日)の決勝でも素晴らしい躍進を見せる。オープニングラップで4位に浮上した JMS P.MU LMcorsa RC F GT3、6 位をキープした SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 は、上位陣が早めにピット作業を行ったことで、13 周目には JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 が 3 位に浮上。SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 も 4 位にポジションアップを果たす。

40 周目には後続のクラッシュでセーフティーカーが導入され、混乱が予想された再スタート後も JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 が 2 位、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 が 3 位を走行する。その後も 87 周目に後続のクラッシュで 2 度目のセーフティーカーが導入されたものの、2 台の RC F GT3 はピットタイミングで何度か首位に立ちながら、常時 10 位以内につけるコンスタントな走りで入賞圏内をキープし続けた。

そして 151 周目、最後までピットインのタイミングを遅らせていた SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 が最後のピット作業を行い7位でレースに復帰する。ここから 8 位につけていた JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 とさらなる上位進出を目指して激しい追走を披露。レース終盤で首位のマシンに続いて4位の車両がコースアウトをするなど予想外のハプニングが続くなか、ついに伝統の鈴鹿 1,000km は最後のチェッカーを迎えた。

「本当は表彰台が欲しかった。4 位でも 5 位でも変わらないけれど、最後は勝負した」とチェッカードフラッグを受けた飯田選手が語れば、それを見守った吉本選手が「本当は勝ちたかったけれど、全体の流れを考えるとベストなリザルトだと思う」と語るように、最終ラップでポジションアップを果たした SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 が 4 位入賞。完全燃焼の末に、今シーズンの自己ベストリザルトを更新している。

さらに JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 も 6 位で完走。シーズン最長の 1,000km レースで 2 台の RC F GT3 が揃って入賞を果たした。

Po No. MACHINE DRIVER LAPS BEST LAPS Diff.(km/h) TIRE WH
1 64 Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
171 1'52.068 5:51'16.244 DL 6
2 23 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
171 1'52.791 12.150 MI 82
3 100 RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
山本 尚貴
伊沢 拓也
171 1'52.474 15.737 BS 44
4 19 WedsSport ADVAN LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
関口 雄飛
国本 雄資
小林 可夢偉
171 1'51.721 32.852 YH 26
5 24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木 大樹
J.P.デ・オリベイラ
171 1'51.524 34.089 YH 6
6 37 KeePer TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
171 1'53.121 36.330 BS 84
7 6 WAKO'S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
A.カルダレッリ
171 1'53.529 37.012 BS 86
8 8 ARTA NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
野尻 智紀
小林 崇志
171 1'53.247 1'58.410 BS 62
9 36 au TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
中嶋 一貴
ジェームス・ロシター
170 1'53.201 1Lap BS 88
10 38 ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
169 1'53.043 2Laps BS 82
11 12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
安田 裕信
ヤン・マーデンボロー
169 1'52.409 2Laps BS 26
12 16 MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
武藤 英紀
中嶋 大祐
ジェンソン・バトン
169 1'52.532 2Laps YH 14
13 1 DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
平手 晃平
168 1'53.243 3Laps BS 72
14 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正
155 1'52.128 16Laps MI 46
15 17 KEIHIN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
塚越 広大
小暮 卓史
146 1'51.997 25Laps BS 36

PAGE TOP