EVENTS & FEATURES

FEATURES

MY I.D.

ヘルメットデザインの世界へようこそ

素顔を隠して競技をするだけに、レーシングドライバーにとってヘルメットは、そのアイデンティティを表現するための貴重なツールである。

 

80年代から90年代にかけて、自動車レースの最高峰F1では出身国のナショナルフラッグをモチーフにしたヘルメットデザインが溢れていた。アイルトン・セナのブラジル国旗、ナイジェル・マンセルのユニオンジャック、そして中嶋悟の日の丸など記憶に新しいのではないだろうか。

かつてモータースポーツは国境を意識したグローバルスポーツとして、ドライバーのヘルメットデザインにも母国のナショナリティが強く主張されていたが、2000年代に入るとセナのカナリアイエローを継承したルイス・ハミルトンのように憧れのドライバーをモチーフにするなど、ドライバーそれぞれに個性を反映したデザインが台頭しはじめる。

さらに近年では、デジタルイノヴェーションで、あらゆるボーダーレス化が進んだことも影響しているのだろう。ナショナリティを強く主張するデザインは徐々に影を潜め、自身のイニシャルを強調したり、ストリートカルチャーにルーツのあるようなトリッキーなドローイングやキャラクターを描いたヘルメットが若いドライバーたちの間で流行するなど、個性豊かでアーティスティックな世界に昇華しつつある。

 

まるで時代を映す鏡のようなヘルメットデザインではあるが、日本を代表する自動車レース“SUPER GT”のLEXUSドライバーたちはどんな個性をヘルメットに込めているのだろうか。

  • Kazuya OshimaKazuya Oshima
  • Andrea CaldarelliAndrea Caldarelli
  • Yuhi Sekiguchi
  • Yuji Kunimoto
  • Daisuke Ito
  • Nick Cassidy
  • James Rossiter
  • Ryo Hirakawa
  • Yuji Tachikawa
  • Hiroaki Ishiura
  • Kohei Hirate
  • Heikki Kovalainen
  • Akira Iida
  • Hiroki Yoshimoto
  • 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S 大島和也 Kazuya Oshima

    COMMENT

    トップに描かれたアイデンティティ

    カートを始めた時から赤と白のラインで描かれたヘルメットを使っていたので、それ以来、必ず赤色を入れていたのですが、雰囲気を変えたくて昨年からシルバーとブラックを追加しました。黒で描かれている文字は、Kazuya Oshimaのイニシャル。マットとグロスのカラーリングを組み合わせることで鮮やかでメリハリの効いたデザインなっていると思います

  • 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S アンドレア・カルダレッリ Andrea Caldarelli

    COMMENT

    スポンサーとともに最前線へ

    ヘルメットのデザインは2005年から自分でデザインしています。コンセプトはトップに大きなAの文字を入れていることです。Aの意味は、もちろん、アンドレアのAです。レースを始めた頃は母国のイタリアンカラーをメインにしていたんですけど、最近はスポンサーのカラーイメージをベースにデザインしています。昨年まではKeePerだったので黄色も入れていましたが、今年はワコーズなので青をメインにしています

  • 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 関口雄飛 Yuhi Sekiguchi

    COMMENT

    自由な発想で個性を満喫

    2016年に合わせてデザインをした新しいヘルメットで、(国本)雄資と同じデザイナーにすべてお任せしました。描くキャラクターにオリジナリティがあり、仕上がりにはとても満足しています。僕自身はレースに対してゲンを担いだりするタイプではないですし、僕自身を知っているプロのデザイナーにお任せをするのが一番と思っています

  • 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 国本雄資 Yuji Kunimoto

    COMMENT

    蛍光ピンクで見せる個性

    デザインに関しては友人のデザイナーにお任せしています。こだわりのポイントは遠くからでも自分だとわかるようにヴィヴィッドな蛍光色を使っていることで、他の人が使っていないピンクをあえて入れました。このキャラクターは友人が考えたオリジナルで、昨年は宇宙人が描かれていました。ペインターが自由にデザインしていますが、僕も気に入っています

  • 36 LEXUS TEAM TOM’S 伊藤大輔 Daisuke Ito

    COMMENT

    ラッキーカラーで幸運を掴む

    F3の時からベースは一緒で、大輔の大を両サイドに配置しています。以前は直線のラインでしたが、2011年のJAFグランプリの時に使用した大学生の公募デザインがファイヤーパターンでカッコよかったし、優勝できたので、それ以来、ファイヤーパターンやウェーブなどでアレンジしています。カラーリングは年によって違いますが、スポンサーは意識せずにあくまでもその年のラッキーカラーをベースに考えています。今年は今までの赤から黄に変更しています

  • 36 LEXUS TEAM TOM’S ニック・キャシディ Nick Cassidy

    COMMENT

    こだわりのモーリーデザイン

    ヘルメットのカラーリングはブルー、レッド、ホワイトがベースです。これは自分のメインスポンサーのイメージがコンセプトですが、同時に母国ニュージーランドのナショナルカラーも意識していて、トップには4つの星を描きました。基本的にヘルメットのデザインは大きく変えずにこのコンセプトをキープしています。ポイントは赤の部分に描かれているモーリーデザイン。これはラグビーのオールブラックスでおなじみの模様で、独特の細かい柄が気に入っています

  • 37 LEXUS TEAM TOM’S ジェームス・ロシター James Rossiter

    COMMENT

    マイカラーの“赤”で勝負

    以前はペインターにまかせていたけれど、2005年からはペインターとディスカッションをしながら、自分でヘルメットのデザインをするようになりました。今のデザインになったのは2013年からで自分のキーカラーであるレッドをベースにレイアウト。以前のモデルと比べてグレーの部分が増えているけど、基本的なデザインやカラーリングは変わっていません。シーズン中は同じヘルメットを2セット持っていて使い分けています

  • 37 LEXUS TEAM TOM’S 平川亮 Ryo Hirakawa

    COMMENT

    世界をこの手に

    このデザインになったのは2013年からで世界をイメージして、地球をベースに描いてもらいました。ポイントは後頭部に描いた日本地図の部分で出身地の広島を輝かせていること。あとは、ヘルメットの真上に日の丸の赤をイメージしながら描き、名前を漢字で入れていることもポイントで、知り合いの書道家に力強く書いてもらいました。全体的にメッキのつや消しになっているので、とても鮮やかでキレイに仕上がっていると思います

  • 38 LEXUS ZENT CERUMO 立川祐路 Yuji Tachikawa

    COMMENT

    遠くから見てもわかるシンプルデザイン

    カート時代からこのデザインで、高校生の時に自分で手書きをしながらデザインしました。細かい模様は遠くの観客席から見るとわかりづらいので、好きな色を使いながら、できるだけシンプルに描いています。ヘルメットはドライバーの顔でもあるので、あまり変えたくはありません。そのほうがヘルメットを見ただけですぐに自分だとわかってもらえるので、これからもこのデザインで行きたいと思います

  • 38 LEXUS ZENT CERUMO 石浦宏明 Hiroaki Ishiura

    COMMENT

    出発点のカラーリングを継承

    自分は服部尚貴さんが運営していた“Team Naoki”でレースを始めたので、ヘルメットも服部さんを意識してメタリックブルーとイエローを使用しています。今のデザインになったのはF3の時からで、ペインターにお任せしました。評判もいいし、自分も気に入っています。ヘルメットはドライバーの識別のひとつだと思いますので、できるだけヘルメットのデザインは変えずに、このイメージを定着させていきたいです

  • 39 LEXUS TEAM SARD 平手晃平 Kohei Hirate

    COMMENT

    シンプルに描かれたKのライン

    カート時代から2012年まで、父がデザインしたヘルメットを使っていたんですけど、結婚して環境が変わったので、2013年にヘルメットメーカーのテンプレートを使って自分でデザインしました。左右にイニシャルのKを配置しつつ、イタリアが好きなので赤、白、緑を使ったカラーリングにしています。ちなみにヘルメットにはフォーミュラ用の空力パーツが装着されています。GTは必要ないけど、カッコイイので付けています

  • 39 LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン Heikki Kovalainen

    COMMENT

    憧れのF1ドライバーへのオマージュ

    ヘルメットのデザインはカートの時代から全て自分で行っています。このデザインのモチーフになっているのは、僕が好きだったF1ドライバーのJJレートで、彼のヘルメットデザインをイメージしながら自分のイニシャルのKをデザインしました。カラーリングはピンクとシルバー。今はこの色が好きですけど、赤もいいし、シルバーとオレンジの組み合わせもカッコイイ。また変わるかもしれませんね

  • 60 LM corsa 飯田章 Akira Iida

    COMMENT

    新鮮な“つや消し”ブルー

    最初のレースの時から変わらずに、同じデザインを使っています。このラインは自分で考えたもので、章のAをイメージしました。好きな青をベースカラーにしていますが、2009年にニュルブルク24時間レースに参加した際には赤のバージョンも作りました。細かい部分はペインターにお任せしているんですけど、2016年型のカラーリングはつや消しの部分が多く、色合いがいつもと違います。新鮮な雰囲気でいいですね

  • 60 LM corsa 吉本大樹 Hiroki Yoshimoto

    COMMENT

    光り輝く雪の結晶

    ベースのラインは昔から好きだったナイジェル・マンセルのヘルメットをイメージしてデザインしました。細かい部分や色は変わっているんですけど、このラインFJ1600の時から変っていません。現在のチームになってからはチームカラーに合わせて白とグリーンに変更しました。ポイントは白のラインでLEXUSのブラッシュストロークのようなタッチで仕上げてもらいました。あと雪の結晶のペイントもこだわりの部分で、綺麗に仕上がっていると思います

PAGE TOP