EVENTS & FEATURES

FEATURES

BEST 3 RACES OF THE 2018 SUPER GT SEASONSUPER GT実況
サッシャさんが語るLEXUS SUPER GT 名場面ベスト3。

「サーキットの特徴を覚えるためにレースのゲームに没頭しました(笑)」と語るサッシャさんは、2018 年の SUPER GT の実況を担当。F1 やル・マン 24 時間レースなどの実況で世界のモータースポーツ事情を知るサッシャさんが、2018 年シーズンの SUPER GT の名場面を振り返ります。

SUPER GT 2018 シーズンを振り返る

サッシャさんが語るベスト3の発表を前に、まず 2018 シーズンを振り返ると、最大のニュースは元F1世界チャンピオンのジェンソン・バトン選手が、SUPER GT フル参戦を果たしたことだろう。過去数シーズンのなかでも開幕戦前からSUPER GTのニュースが世界中を駆け抜け、ファンのみならず海外のモータースポーツシーンからも熱い視線が注がれていた。

注目の開幕戦岡山ラウンド。LEXUS にとって 2017 年の LC500 のデビューイヤーで 1 位から 5 位を独占したその地で、ジェンソン・バトン選手がいきなり 2 位表彰台を獲得。そのワールドクラスの実力を見せつけた。レースもライバルのホンダ勢が1-2フィニッシュを飾り、今シーズンが元 F1 世界チャンピオンを巻き込んだ SUPER GT 史上類のない大接戦を予感させるのだった。

2016 年以降、2 シーズンにわたり年間タイトルを獲得してきたLEXUS勢にとって、続く第 2 戦の富士第3戦の鈴鹿ラウンドもライバル勢にポディウムの頂点を奪われ、LC500 の参戦以来、一番厳しい序盤戦を強いられてしまう。

しかし、第 4 戦のタイラウンドを皮切りに、ふたたび速さを取り戻した LEXUS 勢は後半戦で 3 勝をマークし、ライバルとのポイント差を一気に縮めていく。そして、むかえた雌雄を決する最終戦は、元 F1 世界チャンピオンと LEXUS 勢の若手によるモータースポーツ史に名を残す激闘が繰り広げられ、シーズンは興奮冷めやらぬまま幕を下ろした。

そんな過去に類のないエキサイティングなドラマが盛りだくさんだった今シーズンを SUPER GT 実況のサッシャさんはどう見たのか。LEXUS の名場面ベスト 3 とともにシーズンを振り返ってもらった。

サッシャさんが語る LEXUS SUPER GT 名場面ベスト 3
第3位

元F1ドライバーたちの主戦場となったSUPER GT

第 4 戦のタイで、勝つべき人の優勝に感動

2018 年シーズンの SUPER GT は開幕戦から最終戦までエキサイティングでしたが、まずタイで行われた第 4 戦のお話から始めたいと思います。6 月 30 日(土)に予選、7 月 1 日(日)に決勝が行われましたが、LEXUS TEAM SARD の小林可夢偉選手がこのレースで SUPER GT 初優勝を飾ったんですね。

みなさんご存じのように、可夢偉選手は F1 でも速さを認められた日本を代表するトップドライバーです。その可夢偉選手が、2018 年はヘイキ・コバライネン選手と組んで SUPER GT を戦うことになりました。元 F1 ドライバー同士という夢の組み合わせで、しかも歴史のある SARD という名門チームで走るわけですから、おのずと期待は高まります。

けれども可夢偉選手とコバライネン選手の 39 号車「DENSO KOBELCO SARD LC500」は、開幕からあまり調子が上がりませんでした。ドライバーが遅いわけがないし、チームが悪いはずもない。何かちょっとしたことで歯車がずれていたんだと思います。可夢偉選手は自信満々だったと思うので、焦りもあっただろうし、プレッシャーも感じたと思います。

レース実況のためにレースゲームを活用していると話すサッシャ氏

可夢偉選手、大爆発の予感

そして第 4 戦のタイ・ブリーラムのチャン・サーキットで、ずれていた歯車が噛み合います。予選 Q1 は可夢偉選手、Q2 はコバライネン選手がそれぞれ良い走りを見せ、決勝は3番手という好位置でスタートすることになりました。余談ですが、Q1、Q2 で競う SUPER GT の予選方式は現在のF1に近く、緊張感があってエキサイティングだと思います。

気温 33 度、路面温度 47 度というタフなコンディションで行われた決勝でも、可夢偉選手は見事なドライビングで優勝を勝ち取ります。プライドの高い可夢偉選手なのでチェッカーを受けた後は、さも当然という涼しい表情でしたが、内心は相当うれしかったんじゃないかと想像します。可夢偉選手のことは個人的によく知っているので、勝つべく人がしっかり勝ってくれたという意味で、本当によかったと思いました。

2019 年の可夢偉選手は、WEC(世界耐久選手権)にも参戦します。残念ながら 2018 年のル・マン 24 時間レースでは可夢偉選手のチームが 2 位、1 位は中嶋一貴選手のチームでしたが、SUPER GT で勝ったことをきっかけに、来年は可夢偉選手が爆発するんじゃないか、そんな予感がしています。

実を言うと、タイのレースは楽勝だったわけではなく、最終ラップで 1 位のマシンがガス欠で止まったことで可夢偉選手とコバライネン選手の 39 号車が優勝したという経緯があります。そんな理由もあってゴール後の可夢偉選手に笑顔が見られなかったわけですが、決して棚ボタの勝利ではなく、しっかり勝てる位置で走っていたからこそ手に入った優勝だと思います。

そしてタイの最終ラップで止まってしまった関口雄飛選手が、続く第 5 戦で見事なレースを披露します。この第 4 戦、第 5 戦のストーリーが実にドラマチックなんです。

なお、第 4 戦タイでは大嶋和也選手とフェリックス・ローゼンクヴィスト選手の LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S が 2 位、予選から上位に食い込んだ国本雄資選手と山下健太選手の LEXUS TEAM WedsSport BANDOH が 3 位となり、LEXUS 勢が表彰台独占した。

サッシャさんが語る LEXUS SUPER GT 名場面ベスト 3
第2位

意外ではあるがSUPER GTでTOM’S 1-2フィニッシュは初

第 5 戦の富士で、耐久レースの醍醐味を見た

LEXUS TEAM au TOM’S の関口雄飛選手のドラマに感動したことをお伝えする前に、富士スピードウェイで行われた第 5 戦を簡単に説明します。2017 年までの SUPER GT には、鈴鹿 1,000km という長距離のレースがありました。2018 年よりこのレースが鈴鹿10時間レースとなって SUPER GT から独立しました。替わって第 5 戦に富士 500 マイルレースが組み込まれることになったのです。

500 マイルとは約 800km ですから、耐久レースですね。そもそも SUPER GT というレースは、スプリントレースと耐久レースの“いいとこ取り”をしていると思うんです。まず通常の SUPER GT は 300km ですが、これはF1と同じでかなり長いスプリントの距離です。でもドライバー交代があるので、耐久の要素も入っている。だから見ようによっては、2 つのスプリントレースを組み合わせた耐久レースだと考えることもできるんですね。また、GT500 と GT300 という別のカテゴリーのマシンが混走しているのも、WECと同じだから耐久レースの雰囲気があります。

というわけで、SUPER GTはスプリントと耐久の魅力を持ち合わせた、世界的にもユニークなレースだと思っています。そして、そのなかにあって第5戦の富士 500 マイルは、完全な耐久レースになります。

SUPER GTは世界の素晴らしいレースの“いいとこ取り”をしていると話す

関口選手が、前戦の雪辱を果たす

富士 500 マイルでは、36 号車「au TOM’S LC500」と1号車「KeePer TOM’S LC500」という 2 台の TOM’S が 1-2 フィニッシュを飾りました。TOM’S というのは、SUPER GT の GT500 で 2 台のマシンを走らせる唯一のチームであることからもわかるように力のあるチームで、LEXUS にとっても欠かせないパートナーだと思うんです。ドライバーも常に優秀で、SUPER GT にはウェイトハンディの制度があるからそんなことはあり得ませんが、毎回 1-2 フィニッシュを飾ってもおかしくないぐらいのパッケージだと思っています。

その TOM’S が、初めての富士 500 マイルで、LEXUS のホームコースともいえる富士スピードウェイで 1-2 フィニッシュを飾ったのは、金字塔になると思いました。しかも、優勝した36号車の最後のドライバーが、前戦タイのファイナルラップでガス欠で止まった関口雄飛選手だったのです。耐久レースのファイナルラップはいつでも感動的ですが、悔しい思いをしていたはずの関口選手がチェッカーフラッグを受けた時の心境を想像すると、いまでも心に迫るものがあります。

サッシャさんが語る LEXUS SUPER GT 名場面ベスト 3
第1位

最終ラップまで世界中が決戦の行方に注目した

最終戦のもてぎで、世紀の一騎打ちに震える

2018年シーズンで最もエキサイティングだったのは、やはり最終戦でしょう。LEXUS TEAM KeePer TOM’S の平川亮選手とニック・キャシディ選手がドライブする 1 号車は、ホンダの 100 号車「RAYBRIG NSX-GT」と同ポイントで最終戦を迎えることになりました。予選では、ホンダ勢がホームコースのツインリンクもてぎでトップ 3 を独占します。一方、チャンピオンを争う LEXUS の 1 号車は予選 6 位と、やや出遅れます。

ただし、シーズンを通して見ると、「予選で速いホンダ」vs「決勝でペースを上げる LEXUS」という構図がはっきりとしていました。したがって、この予選順位はある意味で、いいハンデキャップになるかもしれないと思っていました。

実際にレースが始まると、予想が的中します。LEXUS 勢がペースを上げて追い上げを開始したんです。そして3位を走行するホンダの 100 号車と、4 位を走行する LEXUS の 1 号車が、残り 14 周、15 周のところでテール・トゥ・ノーズのバトルになります。さぁ、どちらが年間チャンピオンになるのか!?

LC500h のステアリングを握るサッシャさん

F1 チャンピオンと互角に戦った平川選手

この時、ホンダの 100 号車のドライバーはジェンソン・バトン選手。ご存じのように、2009 年の F1 ワールドチャンピオンです。一方、LEXUS の 1 号車は弱冠 24 歳、次代の日本を背負う平川亮選手です。ワンメイクではないので、様々な要素が絡み合うシリーズにおいて、同ポイントで最終戦を迎えるというのだけでもレアなケースなのに、前に出た方がチャンピオンという直接対決。これは、あらゆるカテゴリーのレースであまり例がないと思います。

平川選手は、一歩も引くことなく、かつフェアにバトン選手とバトルを続けます。このバトルは、歴史に残ると思います。最終的にはバトン選手が 3 位、平川選手が 4 位でフィニッシュすることになり、チャンピオンの座はホンダの 100 号車の手に渡ります。LEXUSのファンや関係者にとっては悔しいことでしょうが、僕はすごく意味があるレースだったと思います。

なぜなら、海外には「バトンが 2009 年の F1 王者以来、9 年振りに SUPER GT でタイトルを獲得」と打電されたからです。F1 の王者が日本のレースに参戦していること、そこで素晴らしいドライバーたちとデッドヒートを繰り広げたことなどが、ニュースとして海を渡ったのです。2019 年、バトン選手はイギリスで F1 の解説を何戦か担当するそうです。もし実現すれば、日本の若くて速いドライバーの名前を彼が口にするかもしれません。チャンピオンを獲ることはできませんでしたが、いろいろな面で大きな意味がある最終戦でした。

シーズン序盤に苦戦を強いられながらも、タイラウンドでの可夢偉選手の初優勝、そして TOM’S の 1-2 フィニッシュと、一気に巻き返しをはかった今シーズンだったが、ライバルにわずかに届かず王座防衛は成し遂げられなかった。しかし、最終戦では LEXUS TEAM ZENT CERUMO の立川祐路選手、石浦宏明選手がライバル勢の牙城を崩し 2 位入賞を果たした。来シーズンの王座奪還にむけての布石となる戦いだった。

サッシャ / Sascha

ドイツで生まれ。10歳まで過ごし現在も定期的に往復し日本とドイツの架け橋となるべく活動中。 1999年VIBE(現MTV)のニュースアンカーとしてキャリアをスタートさせる。 2001年にJ-WAVE及びFM FUJIでラジオDJとしてのキャリアをスタート。豊富な音楽知識で数多くの音楽番組を担当。 また、モータースポーツ、サッカー、サイクルロードレース等スポーツに詳しく、2013年よりルマン、SUPER GT、SUPER FORMULAなどモータースポーツの実況としても活躍中。

SNSアカウント @sascha348

http://sascha348.com

LEXUS の MOTORSPORT 活動の最新情報はもちろん、
コンセプトモデルを含む LEXUS 全車種、
様々なブランドアクティビティをご紹介しております。

PAGE TOP