EVENTS & FEATURES

EVENTS

パブリックビューイング in 鎌倉・七里ガ浜 レポート
20th Sep, 2015

心地よくそよぐ海風、サーフボードにつかまっていい波を待つ日焼けしたサーファーたち。眩しい湘南の海を背景に9月20日に開催された「RACE VIEWING WITH LEXUS」はお出かけスポットとしても人気の鎌倉・七里ガ浜のドライブインカフェ『Pacific DRIVE-IN』を舞台に開催された。

今までになかった、ビーチサイドでのレース観戦に興奮

レースは富士スピードウェイなどのサーキットか、テレビ中継で観るのが一般的だが、SUPER GTやレースのことをよく知らない人にとっては、少々敷居が高いもの。そこで「もっとモータースポーツを身近に気軽に観戦」するパブリックビューイング・イベントとして、ライフスタイル誌『OCEANS』とコラボレートし、ファッション、インテリア雑貨、フードトラックなどさまざまなショップが集ったマーケットも併催。海辺の散歩やサーフィン帰りにぶらりと立ち寄って、気軽にレースも楽しめる場を創りあげた。

マーケットに足を止めていた方は「いつものサーフィンの帰りにマーケットに寄って、思わず大画面に惹きつけられました。モータースポーツをこういうオープンな場所で見るのって新鮮ですね」と画面に見入っていた。

レースを中継するパブリックビューの大画面前には『OCEANS』太田裕二編集長、モータースポーツ番組の司会の経験もあるタレントの青木愛さん、メンズファッション誌を中心に活躍中のスタイリスト・松田有記さん、そしてモータージャーナリスト・島下泰久さんらゲストも登場。初めてのモータースポーツ観戦の人にも分かりやすい解説で、会場を盛り上げた。

『OCEANS』太田編集長は「僕らは海に近いライフスタイルの雑誌を作っているのですが、意外にモータースポーツとの共通点がありますね。何より、こういう青空の下・海の側のオープンな場所で観戦するレースはとても新鮮です。ここに来た人のモータースポーツへの印象は確実に変わったでしょうね」と語った。

モータースポーツ番組の仕事で生のレースを見るうちすっかりファンになったという青木愛さん。自身もシンクロナイズドスイミングでオリンピックに出場したアスリートだけに、ドライバーたちの強靭な体づくりにも注目する。

「彼らがトレーニングでやるという、バランスボールの上で脚を上げながらハンドルを操作するような動作って、私でも本当に難しいほど。私もモータースポーツの取材をする前は、このスポーツの魅力がわかっていませんでした。だから、こういう訪れやすい場所でパブリックビューイングを開催するのはとてもいいと思います」

スタイリストの松田有記さんはこれからの季節にスポーツ観戦をする際のお助けアイテムを2つ持参していました。

「ジャケットの下にも着られる薄手のダウン(モンベル)と同じ姿勢で座っているから血栓予防のレッグウォーマー(CWX)です。いつものファッションのシルエットを変えないでプラスするだけで防寒になりますよ」

そして仕事柄、車のイベントに参加する機会の多い島下泰久さんは、「リラックスした雰囲気がとてもいい」と語った。

「普通サーキットになかなか訪れる機会がないと思うんですが、こういう場所でのイベントだと、家族で楽しめるから素敵です。これからももっと開催されるといいですね。私も解説するほうじゃなく、観客席側に座って青空観戦したかったです(笑)」

このモータースポーツとライフスタイルの垣根を越えた新しい観戦スタイルは、レースを良く知る人も、そうでない人もそれぞれ新しい楽しみ方を見つけようだ。

PAGE TOP