DOCUMENTARY

  • 映像時間が60000時間のドキュメンタリームービー
    「AI時代に人の手を使うものづくりの『匠』は生き残れるのか」

    60000時間をかけて技を磨く「匠」たち。
    長年にわたり鍛錬を繰り返す。そこに近道はない。
    彼らも私たちと同じように、AIの登場に直面している。
    彼らのものづくりは生き残るのか、
    それとも駆逐されてしまうのか。
    4人の匠たちに迫り、ものづくりの未来を紐解いていく。

    60000時間をかけて技を磨く「匠」たち。
    長年にわたり鍛錬を繰り返す。そこに近道はない。
    彼らも私たちと同じように、AIの登場に直面している。
    彼らのものづくりは生き残るのか、それとも駆逐されてしまうのか。
    4人の匠たちに迫り、ものづくりの未来を紐解いていく。

SPECIAL EVENT

「Byaku」展示

ドキュメンタリーの中で『匠』の一人として登場する、
切り絵アーティスト・小島奈保子氏の作品
「Byaku(白)」を展示します。

  • 期間:2019年3月17日(日)〜4月23日(火)
  • 会場:INTERSECT BY LEXUS – TOKYO

Craft Stories

  • THERE ARE NO SHORTCUTS

  • 01 Becoming Takumi

    多くの分野で、あるスキルの専門家になるまで、
    一般的に10,000時間かかると言われています。
    レクサスの匠になるまでは、およそ60,000時間、
    四半世紀以上はかかります。
    膨大な時間をかけて鋭敏な感覚と技術力を
    鍛えぬくからこそ、卓越した品質を実現、
    維持していくことが可能となります。
    完璧なクルマを追い求めるこの旅に、
    終わりはありません。

    多くの分野で、あるスキルの専門家になるまで、一般的に
    10,000時間かかると言われています。
    レクサスの匠になるまでは、およそ60,000時間、
    四半世紀以上はかかります。
    膨大な時間をかけて鋭敏な感覚と技術力を鍛えぬくからこそ、
    卓越した品質を実現、維持していくことが可能となります。
    完璧なクルマを追い求めるこの旅に、終わりはありません。

Product Stories

  • UX PRODUCT STORIES

  • 01 Perfect Match

    UXのボディの美しさは、
    どこから生まれているのか。
    例えば、異なる素材でつくられている
    ボディとバックドアの組み合わせ。
    どんなに高精度な生産工程であっても、
    数ミクロン単位の個体差がパーツごとに生まれる。
    分刻みで変化する
    気温や湿度のわずかな違いまで考慮して、
    数百パターンの中から
    最適な組み合わせを分析、測定。
    その情報をもとに、レクサスの匠は、
    卓越した技術と正確性でバックドアを接合する。
    レクサスの匠と彼らを支える最新のテクノロジー。
    そこから、完璧な一致という美しさが生まれる。

    UXのボディの美しさは、
    どこから生まれているのか。
    例えば、異なる素材でつくられている
    ボディとバックドアの組み合わせ。
    どんなに高精度な生産工程であっても、
    数ミクロン単位の個体差がパーツごとに生まれる。
    分刻みで変化する
    気温や湿度のわずかな違いまで考慮して、
    数百パターンの中から
    最適な組み合わせを分析、測定。
    その情報をもとに、レクサスの匠は、
    卓越した技術と正確性でバックドアを接合する。
    レクサスの匠と彼らを支える最新のテクノロジー。
    そこから、完璧な一致という美しさが生まれる。

es

  • ES PRODUCT STORIES

  • 01 Tested for Any Roads

    レクサスESは知っている。
    世界の道を。
    30年、ありとあらゆる道を走り続けてきた。
    その経験と知識が、
    テスト走行にも活かされている。
    穏やかな道、荒れた道、石の上、砂の上、
    風が強い日も、雨が降りつける日も。
    どんな状況下でも、快適に運転できるクルマを目指して。
    走行中のわずかな違和感も見逃さない。
    研ぎ澄まされた感覚を持つ匠と呼ばれるドライバーが、
    すべてのテスト走行を行っている。
    すべての道に、走る歓びがあると願って。

    レクサスESは知っている。
    世界の道を。
    30年、ありとあらゆる道を走り続けてきた。
    その経験と知識が、
    テスト走行にも活かされている。
    穏やかな道、荒れた道、石の上、砂の上、
    風が強い日も、雨が降りつける日も。
    どんな状況下でも、快適に運転できるクルマを目指して。
    走行中のわずかな違和感も見逃さない。
    研ぎ澄まされた感覚を持つ匠と呼ばれるドライバーが、
    すべてのテスト走行を行っている。
    すべての道に、走る歓びがあると願って。