2015.10.28

LEXUS、次世代フラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー
「LEXUS LF-FC」を世界初公開

LEXUSは、10月28日(水)から11月8日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催の第44回東京モーターショー2015において、将来のLEXUSフラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー「LEXUS LF-FC」を発表した。

LEXUS LF-FCは、未来社会のお客様の指向を想定したセダンベースのコンセプトカーである。圧倒的な存在感あるデザイン、先進技術の搭載、そして来るべき水素社会を見据え、パワートレーンにはLEXUSで初めて燃料電池技術を採用するなど、LEXUSのNew Chapterに続く新たな章の幕開けを予感させるものである。

LEXUSは、2012年にフルモデルチェンジしたGSを契機にNew Chapterへ踏み出し、スピンドルグリルに代表される、革新的かつオリジナリティの高いデザイン、エモーショナルな走り、そして先進的な環境・安全技術を採用し、従来の高級とは異なる価値観を追求してきた。今後も常に最新の先端技術を採り入れて、ブランドの根幹にある、お客様の期待を超える驚きと感動の提供を推進していく。

LEXUS LF-FC
LEXUS LF-FC

<主な特長>

未来社会のLEXUSフラッグシップカーをイメージ。燃料電池技術を採用し、
前輪にインホイールモーターを配置することで、環境性能と走りの楽しさを高次元で両立
  • エクステリアは、将来のLEXUSフラッグシップを示唆するスタディモデルとして、LEXUS独自のデザインフィロソフィーである「L-finesse*2」に基づいたダイナミックかつ洗練された美を追求。より大胆に進化したスピンドルグリルから始まる骨太な骨格に、前後ホイールアーチが融合する造形は、加飾やキャラクターラインに頼らない普遍的な美しさを表現
  • インテリアは、先進的でありながら人を優しく包み込む豊かな空間を追求。ドライバーの着座姿勢に対し、空間を上下二層に分け、上部は開放感をもたせると共に運転に集中できる造形とし、下部は上質なピュアアニリン革を豊富に使用したシートや、匠の技による杢目のステアリングやドアオーナメントの縫製などが、次世代のラグジュアリーを演出
  • 燃料電池技術と前輪にインホイールモーターを採用し、LEXUSならではの走りの楽しさも兼ね備えた燃料電池自動車(FCV)を提案。高出力のFCスタックとパワーコントロールユニットをエンジンコンパートメント内に配置、水素タンクをT字型に配置し、最適な前後重量配分を実現することで、優れた操舵応答性を確保。また、メイン駆動を後輪とし、前輪には、軽量かつ高出力のインホイールモーターを搭載することで四輪駆動仕様となり、前後輪の駆動力制御をきめ細かく行えるため、安全かつ高次元な操縦安定性を実現
  • 自動運転技術で全ての人が、安全、スムース、自由に移動できることを追求。従来からのLEXUSの「統合安全コンセプト*3」に基づいた安全技術に加えて、クルマが高度な認識・予測判断を行う「運転知能(Driving Intelligence)」、車車間・路車間通信を活用した「つながる(Connected Intelligence)」、さらにドライバーの状態認識や、ドライバーとクルマが連携しチームメイトの様に助け合う「人とクルマの協調(Interactive Intelligence)」を含んだ自動運転技術を搭載
  • 次世代マンマシンインターフェイスが快適な自動運転やドライビングをサポート。タッチパネルに触れることなく、ジェスチャー入力が可能な操作システム、重畳表示が可能な大型ヘッドアップディスプレイ、および小型電子ミラーなど、人の自然な動きにマッチした次世代インターフェイスを探求
  • その他、ルーフにはシースルーソーラーを採用。また、熱可塑性CFRP*4(炭素繊維強化プラスチック)を一部使用するなど軽量化を図る
LEXUS LF-FC
LEXUS LF-FC
【LEXUS LF-FC 主要諸元】
車名 全長 (mm) 全幅 (mm) 全高 (mm) 乗車定員 (人)
LEXUS LF-FC 5,300 2,000 1,410 4
*1
10月28日~29日: プレスデ-、10月29日: プレビューデー、10月30日~11月8日: 一般公開日
*2
L-finesseとは、先鋭(Leading-edge)と精妙(finesse)を二律双生(一見矛盾する事柄を調和させて新たな価値を生み出すことを意味する造語)させて新たな価値へ昇華するという、LEXUS独自のデザインフィロソフィー
*3
統合安全コンセプト:車両に搭載された個々の安全技術・システムを独立で考えるのではなく、連携を図り、全ての運転ステージにおいて、より高次元な運転支援を提供していくという考え方
*4
CFRP: Carbon Fiber Reinforced Plastics

以上