STORY OF THE NX EXTERIOR DESIGN

目を奪い、心まで奪う。 挑発的なデザイン

既成概念にとらわれない、
アグレッシブなフォルム

単なる道具ではなく、研ぎ澄まされたUrban Sport Gearとして生まれたNX。都市の中でも一際目を奪う挑戦的な造形に仕上げました。他の何にも似ていない、塊のようなデザイン。遠目からも隠すことができない、圧倒的な存在感。そこには、唯一無二の個性を手にするという歓びがあります。強い個性を放つボディは、面と面を融合させたことで複雑に見えるかもしれません。しかし、実はとてもシンプルな考え方のもと、デザインされました。起点となるのは、レクサスのアイデンティティを宿したスピンドルグリルです。乗員スペースを確保した上で、それ以外をそぎ落として、スピンドルグリルから菱形のボディを描きました。車両の前後を絞り込み、ボディラインの外側に張り出したタイヤは、SUVらしいスタンスと力強さを強調しています。フロントからリヤにかけて伸び上がる独特のルーフラインによって、スペーシャスなシルエットと、スポーティさを両立させた独創的なプロポーションに。すべては都市を駆け抜けるUrban Sport Gearを具現化するために、俊敏さと凝縮感を追求した結果です。SUVとしての特徴を尖らせて、スポーティさを強調したアグレッシブなフォルム。それは誰にも真似できない、レクサスだけの価値を示したデザインであり、先鋭的な造形を創造するという挑戦でもありました。大胆な塊に包まれて都市を駆け抜けるとき、改めて、その強い個性を感じていただけるでしょう。


SportのDNAを宿した目

つなぎ目のないサテンメッキモールで囲まれた塊感のあるスピンドルグリルもさることながら、思わず引き込まれそうになるNXの目。獲物を狙うかのような鋭く睨みを効かしたヘッドランプが、Urban Sport Gearとしての圧倒的な存在感を放ちます。クルマのフロントフェイスは、そのクルマの印象を大きく左右するもの。特に目は、重要なファクターです。だからこそ、NXには、SUVとしての力強さだけではなく、レクサスのスポーツイメージを宿しています。三眼フルLEDヘッドランプは、スピンドルグリル同様に、レクサスアイデンティティの象徴です。そこにNXの個性を付与するため、切れ長な目の中にL字の超小型LEDランプユニットを三角に配置。正面から見たとき、左右の目を貫く一本の横軸を感じさせることで、奥から静かに獲物を狙うかのような鋭い表情が生まれたのです。さらに、バックドアに突き刺さるような鋭く長いL字のフルLEDリヤコンビネーションランプは、遠目から見ても隠しきれない個性をもたらしました。軽快感と引き締まったワイドスタンスを両立した後ろ姿には、デザイナーの技が活きています。

NX300h “version L” / “I package”、NX300 “version L” / “I package”に標準装備。
NX300h “F SPORT”、NX300“F SPORT”にメーカーオプション。

骨格さえも機能美の塊

一級品と呼ばれるものには、高性能を裏付ける骨格の構造美があります。NXにも機能を突き詰めた美しさを宿しました。荷物を多く積み込めるラゲージルームに始まり、知性を感じさせるインテリアの造形、素材の質感まで。機能を追求することは、同時にドライバーが心地良く、使いやすい空間を追求することでもありました。空間を創りあげる上でも重要となったのが、Urban Sport Gearであるということ。そのため、華美な演出をするのではなく、シンプルな造形の中に機能美を直感できる構造を細部に至るまで散りばめています。インテリアの骨格とも呼べるセンターコンソールは、金属の力強さを把握するためにアルミで試作をし、質感を研究。革の質感は、革巻きの柔らかさと厚みのある革の端末の硬質感を再現し、上質感を追求しました。操作スイッチが集まるヒーターコントロールパネルは、精緻で上質な造形を追求し、スイッチレイアウトは操作導線からグルーピングしています。GPSによる時刻補正機能を備えたアナログクロックも盤面と指針のコントラストを強めることで視認性を意識しました。誰も気づかないかもしれない。しかし、神は細部に宿るという言葉もある。その姿勢から磨き上げた構造と質感は、Urban Sport Gearの魅力を引き出し、車内で過ごす時間をさらに心地良い時間へと変えていくでしょう。


力強い塊感をもたらす
サテンメッキモール

スポーツギアとしてアグレッシブな印象を強調するフロントフェイス。その象徴でもあるスピンドルグリルの周りに、つなぎ目のないサテンメッキモールを採用しました。一つの金属表現で囲まれたレクサスアイデンティティは、SUVとしての力強い塊感を表現しています。







先進性を印象づける小型の
三眼フルLEDヘッドランプ (ロービーム)

先鋭さとスポーツイメージをもたらす、三眼フルLEDヘッドランプは、超小型LEDランプユニットを採用しました。鋭く細長い目の中に、LEDランプを三角形にレイアウトすることで、さらなるスポーツイメージを醸成しています。

“version L”、“I package”に標準装備“F SPORT”にメーカーオプション

三眼フルLEDヘッドランプ (ロービーム) を選択した場合、アダプティブハイビームシステム[AHS]とヘッドランプクリーナーが同時装着となります。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。