Safety Technology ドライバーをアシストする先進の「眼」が冴える。

Safety Technology ドライバーをアシストする先進の「眼」が冴える。

Active Safety

JNCAP

トップレベルの安全性能を実現

LSは、JNCAP*1予防安全性能アセスメント*2において、最高ランクの「ASV+」を獲得しました。*3

JNCAP

アドバンスド プリクラッシュセーフティシステム

衝突回避支援型プリクラッシュ
セーフティシステム (ドライバーモニター付
ミリ波レーダー・ステレオカメラフュージョン方式)

市街地走行から高速走行の広い車速域で、車両や歩行者に対する衝突事故の回避を支援します。システムが前方の車両や歩行者などに衝突する危険を認識すると、警報を発してドライバーに回避操作を促します。それでもドライバーが回避操作を行わない場合、世界トップレベルとなる自車と対象物との相対速度40km/h以下では、自動ブレーキにより衝突回避を支援します。相対速度が40km/hを超える状況でも、自動ブレーキやブレーキアシストにより衝突速度を減速し、被害軽減を図ります。近赤外線により、夜間でも衝突回避を支援します。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム

ドライバーモニター

ステアリングコラムにカメラを搭載。衝突の可能性があり、ドライバーが正面を向いていない、または目を閉じている状態が続いた場合、通常よりも早く警報ブザーと表示で警告。さらに先行車との衝突の可能性が高まると、警報ブレーキを作動させ危険を知らせます。
一部バージョンに標準装備 またはメーカーオプション

このシステムはドライバーを支援するものですが、周囲の状況を把握する責任はドライバーにあります。このシステムによりすべての衝突を回避できるものではなく、道路状況、車両状態および天候状態等によって、システムが作動しない場合や衝突を回避できない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ドライバーモニター

プリクラッシュセーフティシステム

プリクラッシュセーフティシステム
(ミリ波レーダー方式)

進路上の先行車などと衝突する可能性が高いと判断した場合、警報ブザーなどで知らせ、ドライバーがブレーキを踏むとプリクラッシュブレーキアシストが作動してブレーキの制動力を高めます。また衝突不可避と判断した場合には、プリクラッシュブレーキが作動して衝突速度を低減するとともに、プリクラッシュシートベルトを作動させることで衝突被害の軽減に寄与します。
一部バージョンに標準装備 またはメーカーオプション

後方からの追突に備える、後方プリクラッシュセーフティ
システム

リヤバンパー内のミリ波レーダーにより後続車両の接近を検知。追突される可能性が高いと判断した場合にハザードランプを点滅させ、後方車に注意を促します。さらに追突される可能性が高まると、前席*4のプリクラッシュインテリジェントヘッドレストを適切な位置に移動させて、むち打ち傷害の軽減を図ります。
一部バージョンに標準装備 またはメーカーオプション

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。

Steering Assist

プリクラッシュセーフティシステムによる操舵回避支援

ドライバーが危険を認知し、回避する行動をとった場合には、ステアリングやサスペンションなどを統合制御し、車両姿勢を安定させて回避操作を支援します。

レーンキーピングアシスト

車線キープをサポートする
レーンキーピングアシスト[LKA*5

高速道路や自動車専用道路において、白線 (黄線) をカメラで認識し、電動パワーステアリングを制御することで、車線内走行がしやすいようにドライバーのステアリング操作を支援します。
一部バージョンに標準装備 またはメーカーオプション

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。また、レーンキーピングアシスト[LKA]は車線内自動走行を実現したものではありません。必ずドライバーご自身でステアリング操作を行ってください。 詳しくはレクサス販売店におたずねください。
車線キープをサポートするレーンキーピングアシスト[LKA]

VDIM

「走る・曲がる・止まる」を統合制御するVDIM (アクティブステアリング統合制御付) *6

エンジン、ブレーキ、ステアリングなどの機能をひとつのシステムとして統合制御し、理想的な運動性能がもたらす走りの愉しさと、危険な状況に至らせない高い予防安全性を両立します。例えば、濡れた路面のコーナーや雪道で車両が

横滑りしそうな状況において、車両が不安定な動きをする前から制御を開始。ドライバーは制御が行われていることを感じることなく、イメージした走行ラインをスムーズに安定して走ることができます。

VDIMが統合制御する主なシステム
アクティブステアリング統合制御
電動パワーステアリングによる操舵トルク量の制御に加え、VGRSにより前輪の切れ角を制御。ステアリング操作の修正を最適にサポートします。
VSC*8 (ビークルスタビリティコントロール)
急なステアリング操作や滑りやすい路面での旋回時などに横滑りを感知し、制動力、駆動力などを制御します。
電子制御エアサスペンション (AVS機能付)
運転状況や路面状況に応じて4輪のショックアブソーバーを最適に制御し、高い操縦安定性と快適な乗り心地を両立します。
電子制御ブレーキ[ECB*11
各車輪ごとに油圧を調整し最適な制動力を発生。4輪それぞれを独立してスムーズに制御するため、ABS、VSC、TRCなどがより効果的に機能します。
ABS*7 (電子制動力配分制御付)
フットブレーキング時において制動時のタイヤロックを防ぎ、車両の前後左右の荷重に合わせて各車輪の制動力を最適に制御します。
TRC*9 (トラクションコントロール)
滑りやすい路面での発進・加速時に駆動輪ブレーキおよびエンジン出力*10を制御し、タイヤの空転を抑えます。
電動パワーステアリング[EPS]
電動モーターによって操舵力をアシストし、低速から高速まで最適な操舵フィールを実現。ABS、VSCとの協調制御により、すぐれた安定性を確保します。

Intelligent Head-lamp

夜間にカーブの先を照らし出す
インテリジェントAFS*12

交差点を曲がる時など、ステアリングを操作した方向にヘッドランプの照射軸を自動的に向けることで、歩行者の存在やカーブの先の状況などをいち早く認識することができます。

夜間にカーブの先を照らし出すインテリジェントAFS

アダプティブハイビームシステム

夜間の前方視界をサポートする
アダプティブハイビームシステム[AHS*13*14

歩行者との事故の多くが夜間に発生する現実に対し、ハイビームによって視界を確保することにより、夜間の視認性向上に寄与します。インナーミラーに搭載した光検出用カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、インテリジェントAFSの機能を利用して光軸の方向を最適に変えながら遮光シェードを制御し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。遮光範囲は検知した車両の走行に合わせて自動調整されるため、検知車両のドライバーに眩惑を与えることはありません。
一部バージョンに標準装備 またはメーカーオプション

夜間の前方視界をサポートするアダプティブハイビームシステム[AHS]
夜間の前方視界をサポートするアダプティブハイビームシステム[AHS]
作動イメージ

Night View

夜間に歩行者を検知する
ナイトビュー (歩行者検知機能付) *15

視界の前方を近赤外線カメラで撮影し、その状況を12.3インチワイドディスプレイに暗視映像として表示することで、夜間では見えにくい道路状況や歩行者の確認をサポートします。車両前方約40~100mの範囲内で歩行者を検知すると、歩行者の位置を黄色の枠で囲むと同時に、画面が白く点滅し、画面の周囲に黄色の枠を表示して、ドライバーがいち早く歩行者の存在に気づくよう注意を促します。
一部バージョンにメーカーオプション

夜間に歩行者を検知するナイトビュー (歩行者検知機能付)
作動イメージ
写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。
実際の走行状態を示すものではありません。
画面は合成です。

Blind Spot Monitor

見えにくい並走車の存在を知らせる
ブラインドスポットモニター[BSM*16*14*17

走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両を検知し、ドアミラーのインジケーターが点灯。ドライバーがウインカーを操作した状態で車両を検知するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。
一部バージョンに標準装備 またはメーカーオプション

見えにくい並走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター[BSM]
作動イメージ
ドアミラー内インジケーター
ドアミラー内インジケーター

DSRC & DSSS

道路インフラと協調してリスクを予知するシステム

事故を起こさないクルマをめざして、LSは社会インフラと協調した安全システムの構築にも取り組んでいます。路上に設置されたインフラ設備との双方向通信を行うETC2.0ユニット (VICS機能付)、およびDSSS*18機能を搭載したナビゲーションシステムにより、安全運転をサポートする情報を画面表示や音声で提供します。

高速道路で提供するETC2.0サービス (DSRC*19)

見通しのきかないカーブの先の渋滞や停止車両といった情報をカーブの手前でお知らせしたり、高速道路で合流してくる車両の存在を合流部の手前でお知らせします。また、進行方向先の交通状況もお知らせします。

一般道で提供するDSSS運転支援機能

一時停止や赤信号の見落としの可能性を判断し、ドライバーに注意を促したり、わき道や前方の停止車両の存在をドライバーにお知らせします。

道路インフラと協調してリスクを予知するシステム
ETC2.0サービス (DSRC) 表示例 (前方障害物情報)
高速道路で提供するETC2.0サービス (DSRC)
DSSS表示例 (赤信号注意喚起)
画面はイメージです。
目の前に潜むリスクをスマートに回避する。

Passsive Safety

守られているという安心感を、乗る人すべてに。

High-strength Cabin

室内空間を確保する高強度キャビン

乗員保護性能を保持するためには、その基本となる室内空間の確保が最も重要となります。守るべきキャビンはより強固に、つぶれて衝撃を吸収すべきところはより柔軟に。LSは骨格そのものを改めて根本から見直しました。

守るべきキャビンをより強固に保ち、軽量化との両立を図るために、フロントピラー、ルーフレール、センターピラー、フロントヘッダに高張力鋼板を使用。さらに、フロアメンバー、ドア、ピラーなどで荷重を分散させる衝撃吸収構造とすることにより、全方位での乗員保護性能を追求しています。

Active Headrest

むち打ち傷害の軽減を図る
アクティブヘッドレスト (運転席・助手席)*20

後方から追突された際にエアバッグセンサーシステムで衝撃を検知。ヘッドレスト前面が前方へ飛び出し、乗員の首の後方への倒れ込みを低減させ、むち打ち傷害の軽減を図ります。

アクティブヘッドレストの作動イメージ

Impact Absorption

自車と相手車両の双方の安全性を追求した衝撃吸収ボディ

重量や車高の異なる車両同士が衝突した場合に、お互いの車両を共存させようとするコンパティビリティを追求したボディ構造を採用。
自車の安全性確保に加え、重量の軽い相手車両のダメージ軽減にも配慮しています。

Airbags

乗る人を包むように守るSRS*21エアバッグシステム

高強度キャビンと合わせて、乗員の保護効果をより高めるために最大11個のSRSエアバッグを装備しています。前方からの衝撃力に応じて最適な速度で展開するデュアルステージSRSエアバッグ、さらに下肢を受け止めることで下肢傷害の低減と、身体全体の保護効果を高めるSRSニーエアバッグを前席に設定。
側方衝突に対しては、SRSサイドエアバッグ (前後席)*22、SRSカーテンシールドエアバッグ (前後席) が作動します。
また、LS600hL“EXECUTIVE package” / LS460L“EXECUTIVE package”に後席SRSシートクッションエアバッグ (後左席) を標準装備しています。

乗る人を包むように守るSRSエアバッグシステム

Injury Reduction

万一の対人事故に配慮した歩行者傷害軽減ボディ

エンジンフードやフェンダー、カウル、バンパー周辺部などを衝撃吸収構造とし、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和します。

歩行者傷害軽減を目指したボディ構造
*1.
国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、平成7年度より公表している自動車安全情報。現在市販されている自動車の安全性能について衝突安全性能、歩行者保護性能、ブレーキ性能などによる評価を実施し、結果を公表しています。
*2.
JNCAPにおいて、平成26年度より新たに導入されたアセスメント。衝突被害軽減性能[対車両]と、車線逸脱警報性能を合わせ、車両の予防安全性能を「ASV+」、「ASV」の2段階に評価し、結果を公表しています。
*3.
プリクラッシュセーフティシステム、レーンキーピングアシスト[LKA]装着車。プリクラッシュセーフティシステムは一部バージョンに標準装備またはメーカーオプション設定、レーンキーピングアシスト[LKA]は一部バージョンに標準装備またはメーカーオプション設定となります。
*4.
助手席可倒式ヘッドレスト装着車の場合、運転席のみとなります。
*5.
LKA: Lane Keeping Assist
*6.
VDIM: Vehicle Dynamics Integrated Management
*7.
ABS: Anti-lock Brake System
*8.
VSC: Vehicle Stability Control
*9.
TRC: Traction Control
*10.
LS600h / LS600hLはモーター出力も制御します。
*11.
ECB: Electronically Controlled Brake System 電子制御ブレーキ[ECB]は最適なブレーキ制御を行うため、ブレーキ操作時にモーター音が聞こえる場合があります。
*12.
AFS: Adaptive Front-lighting System
*13.
AHS: Adaptive Hi-beam System
*14.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*15.
ナイトビューは近赤外光を車両前方に照射して、車両前方の見えにくい歩行者、障害物、道路などを映像化し、ディスプレイに表示します。天候状態および道路・車両状況等によってはご使用になれない場合があります。歩行者検知機能はワイパー作動時や走行状況等によっては作動しません。また、自転車、オートバイについては必ず検知するものではありません。ナイトビューはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。また画面を見る時は必要最小限にとどめてください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*16.
BSM: Blind Spot Monitor
*17.
ブラインドスポットモニター[BSM]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*18.
DSSS: Driving Safety Support Systems 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。警察庁と (一社) UTMS協会が推進しているプロジェクトで、クルマと道路のインフラの連携により信号情報や交差点周辺等の見通し外の車両存在情報等を取得し、安全運転を支援するシステムです。2014年10月現在、東京都と神奈川県の計18ヵ所にDSSS用光ビーコンが設置されており、当該地点で機能が作動します。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*19.
DSRC: Dedicated Short Range Communication 道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。2009年度から高速道路を中心に路側機等を全国整備し、安全運転支援や広域な道路交通情報提供等のサービスが展開されています。ご利用可能なサービス提供場所 (ITSスポット) については、(一財) 道路交通情報通信システムセンター (VICSセンター) におたずねください。また、ETC2.0ユニット (VICS機能付) は今後新たに追加されるサービスやシステム変更には対応できない場合があります。予めご了承ください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*20.
後方プリクラッシュセーフティシステム装着時は、プリクラッシュインテリジェントヘッドレストとなります。
*21.
SRS: Supplemental Restraint System (乗員保護補助装置)
SRSエアバッグシステムは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置ですので必ずシートベルトをご着用ください。
*22.
後席SRSサイドエアバッグは一部バージョンに標準装備。
*23.
後席SRSシートクッションエアバッグ (後左席) はLS600hL"EXECUTIVE package" / LS460L"EXECUTIVE package"に標準装備。