LEXUS PERFORMANCE PERFORMANCE BODY

サーキットで、世界の道で鍛え上げた すぐれたシャシー性能

過酷なサーキット走行に対応する高剛性ボディ

限界域でのコーナリングを繰り返す過酷なサーキット走行に対応する強固な骨格を実現させるために、レーザー溶接、スポット打点の増し打ちに加え、パネルの合わせ面には剛性の向上と振動の減衰特性を高める「構造用接着剤」、スポット間の溶接には従来より細かいピッチで溶接することでボディの断面変形を抑制する「レーザースクリューウェルディング」、ガラスとボディ間には結合力を高める「高剛性ガラス接着剤」などレクサス最新のボディ技術を採用。さらに、より強固な骨格を実現させるためフロントブレース、リヤボディブレースの剛性向上、ボディとの締結構造の追加などを実施し、サーキット走行にも対応する高いボディ剛性を実現しました。コーナーを果敢に攻めたときに沸き上がるボディへの強い信頼感が、よりアグレッシブな走りを可能にします。

すぐれたコーナリング性能の確保に貢献するNAVI•AI-AVS*1

ショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御し、ロール姿勢の最適化・ステアリングレスポンスの向上を図ることで、すぐれた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立します。また、ナビゲーションのコーナー情報から予め制御をすることで、すぐれた旋回性能も確保します。

※ F専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ)はメーカーオプション。

狙い通りのラインを描けるGS F専用チューンドサスペンション

サスペンションはジオメトリーの最適化を狙い、パーツを専用設計。高いサスペンション剛性の確保とロール剛性の適正化を実現しました。さらに、ステアリング系も適正化を実施し、操舵レスポンスの向上を図っています。チューニングは世界各地のサーキットで入念な走り込みを実施。長時間走行が可能な耐久性も実現しています。







※ 写真は標準装備の10本メッシュスポーク(BBS製)。
 F専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ)はメーカーオプション。

足元を精悍に彩る 軽量・高剛性の鍛造アルミホイール

バネ下重量を軽減し、シャープなハンドリングに大きく貢献する高剛性の鍛造アルミホイールは、高いクラフトマンシップから生まれました。鍛造と3次元切削によって、繊細なスポークがレイヤーで構成された精緻な造形美を足元に実現。軽量化を図りながら、GS Fが持つ大人の上質さと“F”ならではの高い走行性能をイメージさせる世界を創出。さらに、職人が1本ずつ手作業で研磨したポリッシュ(鏡面)仕上げをメーカーオプションでご用意しています。





パワフルな制動力でサーキット走行にも対応

サーキット走行では、強力な制動性能はもちろん、ブレーキペダル操作による微妙なスピードコントロールも要求されます。GS Fは、フロント/アルミ対向6ピストン、リヤ/アルミ対向4ピストンモノブロックキャリパーを採用。高摩擦パッド*2などにより、高い剛性と耐フェード性を確保しました。さらに、マスターシリンダーの大径化、ペダル比の最適化などにより、高い応答性とリニアな効きも実現。コーナー進入時のハードなブレーキングや、車間距離調整の速度コントロールも思いのままです。また、F専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ)をメーカーオプションでご用意しています。

ハンドリングに貢献するエアロパーツを各所に配置

スポーツカーにとって、空気抵抗によるパワーロスを極力抑え、走行安定性を高めるエアロパーツは極めて重要なファクターです。GS Fでは、フラットな整流面を持つエンジンアンダーカバーを採用。さらにリヤフロアアンダーカバーによる床下切り上げ角の最適化など、床下の整流を追求しました。車両前方から床下に潜り込む空気の流れが、リヤバンパー下端からスムーズに抜ける、すぐれた空力性能を実現しています。さらに各アンダーカバーにエアロスタビライジングフィンを設け、空気の流れを積極的に利用することで、すぐれた操縦安定性を生み出しています。また、カーボン製のグリルロアモール、リヤスポイラーを採用。エアロパーツの軽量化と高剛性化を両立し、効果的なダウンフォースを生み出しボディ全体で空気の流れをコントロールします。

*1.
AVS: Adaptive Variable Suspension system 
*2.
車速、制動力や車両を取り巻く環境(気温、湿度等)によってはブレーキノイズや錆によるパッドの貼り付きが発生することがあります。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
写真はイメージです。