安全のために、いまできるすべてのことを。

LEXUSは、モビリティ社会の究極の願いである「交通事故死者数ゼロ」を目指し

「統合安全コンセプト*1」に基づいた各種の安全装備・システムを導入してきましたが、

さらなる安全技術の普及を目的に、低速域から高速域まで衝突回避支援または

被害軽減をサポートする予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を開発しました。

ABOUT LEXUS SAFETY SYSTEM+
close

安全のために、いまできるすべてのことを。 LEXUS SAFFETY SYSTEM+

LEXUSは、モビリティ社会の究極の願いである「交通事故死者数ゼロ」を目指し「統合安全コンセプト*1」に基づいた各種の安全装備・システムを導入してきましたが、さらなる安全技術の普及を目的に、低速域から高速域まで衝突回避支援または被害軽減をサポートする予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を開発しました。

予防安全パッケージ「Lexus Safety System + 」は、これまで進化させてきたLEXUSの予防安全技術のうち、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティシステム」(PCS*2)、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート」(LDA*3)、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム」(AHB*4)、高速道路で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行ができるレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)など、複数の機能をパッケージ化して搭載することで、多面的な安全運転支援を可能にします。また、車種によっては車線内走行をしやすいようにステアリング操作をサポー卜する「レーンキーピングアシスト」(LKA*5)、力メラによって前方の車両光源を検出し、ヘッドランプの配光を先行車両や対抗車両に直接ハイビームを当てないよう最適な状態に切り替える 「アダブティブハイビームシステム」(AHS*6)などが設定されています。

「Lexus Safety System+」は2015年に導入し、日本、北米、欧州の全車に設定を拡大していきます。

*1 統合安全コンセプト: 車両に搭載された個々の安全技術・システムを独立で考えるのではなく、連携を図り、全ての運転ステージにおいて、より高次元なドライバー支援を追求していくという考え方 *2 PCS:Pre-Crash Safety System *3 LDA:LANE DEPARTURE ALERT *4 AHB:Automatic High-Beam *5 LKA:Lane Keeping Assist *6 AHS:Adaptive Hi-beam System

close