PARIS MOTOR SHOW 2016

UX Concept

2016年パリモーターショー*1で、LEXUSコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカー「UX Concept」を世界初公開しました。UX Conceptは、大胆なエクステリア、人間工学に基づいたインテリア、そしてヒューマンマシンインターフェイス等の先端技術が相まって、乗る人たちに奥深いドライビング体験を提供します。

インサイド・アウトコンセプトをベースにデザインされたUX Conceptは、クロスオーバーの先駆者であるLEXUSが提案する新たなコンセプトモデルです。また、高いデザイン性と共に、コンパクトなボディと快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指しました。

UX Conceptの主な特長

革新的パッケージ

クロスオーバーとしての力強いエクステリアに、低めの車高とクーペのようなドライビングポジションが、コンパクトなボディでありながらダイナミックな走りを予感させる革新的なパッケージとなっています。

インサイド・アウトコンセプト

上部から俯瞰するとエクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状で繋がり、強い相乗効果を生み出すインサイド・アウトコンセプトを採用。
また、ホイールアーチ、ルーフバー、電子ミラーを同じ素材感で仕上げ、キャビン内側との一体感や連続性を演出しています。

彫り深く、繊細な造形のエクステリア

フロントグリルを取り囲むボリューム感あるスピンドルグリルが、LEXUSのアイデンティティを強調し、かつ三次元的な立体効果を出しています。彫り深く、繊細な面の造形がクラシックスポーツカーを彷彿とさせると共に、全体を貫く力強さがLEXUSらしいユニークさを与えています。

細部まで、こだわりのデザイン

フロントには、LEXUSを象徴するL字型ランプに加えて、エアダクトに広がるファイバー形状のランプがスピンドルグリルと相まって、クルマのワイド感と力強い存在感を印象付けます。
また、リヤランプは、スポイラーと一体となり立体的な構造を強調。

タイヤの接地面は、高いグリップ力を確保するデザインとし、サイドウォールは、クロスオーバーに相応しいデザイン性を強調。ホイールは、タイヤとスポークの一体感を演出したデザイン構造になっています。

フロントピラーは、アルミ部材に、フィン形状のポリカーボネイト材が接合されたシースルー構造になっており、内外の境界を感じさせない、広がり感を演出しています。

前後で独立したインテリア空間

インテリアは、シャープなイメージのフロントとソフトなリヤのデザインにより、前後席それぞれが異なる趣となっています。フロントは、人間工学に基づいたドライバー主体のデザイン構造で、ホログラム等のヒューマンマシンインターフェイス技術を採用し、三次元による先進的なドライビング体験を提供。一方リヤは、寛ぎの快適空間を演出しています。
また、キャビン中心を縦に貫くコンソールや室内配色で、前後席空間の違いを際立たせています。

UX Concept 主要諸元
全長 (mm) 4,400
全幅 (mm) 1,900
全高 (mm) 1,520
ホイールベース (mm) 2,640
乗車定員 (人) 4
タイヤ&ホイール 255/50R21
  • Powerful inside out design concept exterieur Powerful inside out design concept exterieur
  • Front seat design inspired by Kinetic Seat technology Front seat design inspired by Kinetic Seat technology
  • Rugged off road wheels deliver on road smoothness Rugged off road wheels deliver on road smoothness
  • 3D Human Machine Interface technology 3D Human Machine Interface technology

プレスリリースはこちら

Kinetic Seat Concept

seat”

LEXUSは、2016年パリモーターショー*1に、乗員身体にかかる負担を軽減する新コンセプトシート「Kinetic Seat Concept」を出展します。

Kinetic Seat Conceptは、長時間運転による疲労の低減や、旋回時の運転しやすさ向上を目指してデザイン・開発された全く新しい形状・機能を有しており、乗員の腰の動きに合わせてシート座面と背面が動き、歩行やジョギングに近い人体の動きをシート上で実現します。これにより、旋回時や凹凸のある路面を走行した際、乗員頭部の動きが抑制され目線が安定し、運転しやすさや快適性が向上。また、腰の動きが身体に適度な刺激を与えるため、長時間運転時の筋疲労を抑えます。

LEXUSは、お客様の期待を超える驚きと感動を提供し続けるラグジュアリーブランドとして、創造的な先進技術をいち早く提案してきておりますが、本シートもその一例です。

Kinetic Seat Concept の主な特長

可動式シート座面・背面

人体は、脊髄による頭部安定機構により、歩行やジョギング時であっても、骨盤と胸郭が逆方向に回転するように動くことで、頭部の動きを抑制することが出来ます。この動きをシート上で再現するため、シート座面と背面を可動式としました。身体をシートに預けているだけで、車両に対する頭部の動きが抑制され目線が安定。乗員の負担が軽減され、運転しやすさや快適性が向上します。

クモの巣パターンのネットシート

変形が容易なネットが、身体の凹凸を包み込み荷重を分散することで、快適な長時間の着座を可能にすると共に、シートの薄型化を実現し、車両の軽量化に貢献します。形状は、放射線状に広がるクモの巣パターンを採用し、背面の中心を肩甲骨の高さに設定することで、中心部を回転軸とする胸郭の動きを誘発。頭部が安定し、高いサポート性を確保しています。

人工合成クモ糸繊維

背面のクモの巣パターンの裏側には、石油由来ではない環境に優しい人工合成クモ糸繊維*2を使用。微生物発酵によって、原料となるクモの糸の主成分であるタンパク質を生成し、紡糸・加工した新素材であり、衝撃吸収性 (タフネス) に優れています。

  • spiber spiber

プレスリリースはこちら

*1.
正式名称は「Mondiale de l’Automobile 2016」
9月29日(木)・30日(金):プレスデー、10月1日(土)~16日(日):一般公開日
*2.
Spiber (スパイバー) 株式会社の開発素材「QMONOS