レクサスギャラリー高輪

レクサスギャラリー高輪

レクサス高輪の2階に用意されたショールームはあなただけの一台を選んでいただくための特別な場所、レクサスギャラリー高輪です。自己表現の楽しさをさらに広げる、新しいL-Select。6つの"世界観"を入り口に、趣向に合わせた、きめ細かいパーツセレクトをお楽しみいただけます。 
また、日本が世界に誇るスポーツカー「LFA」を展示しております。ぜひ、レクサスギャラリー高輪でときめきとやすらぎのひとときをお過ごし下さいませ。

Information

名称
レクサスギャラリー高輪
住所
東京都港区高輪3-23-10 (レクサス高輪2F)
電話番号
03-3445-2011
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜日
レクサスギャラリー高輪

Topics

今月のショールーム

新緑の色が眩しく、風薫る5月となりました。

今月のショールームは心とからだを
奥深くから癒す隠れ家のようなROYAL THERAPYと、
瑞々しさあふれる若葉色の花をご用意致しました。

ギャラリー高輪に流れる、
心地よく悠々とした時間をご堪能ください。

L-Select展示

6つの世界観

お好みに合わせてステアリング、ドアトリム、オーナーメントパネルの組換えがそれぞれの世界観の中で可能です。
実物ならではのリアルなイメージをお確かめ頂きながら、「My LS」を作り上げていく愉しさをご体感下さい。

L-Select車両展示車

【Presidential Suite】
LS600hL EXECUTIVE 4人乗り
(ファイアーゲートマイカメタリック)

【Japanese Modern】
LS600h Version L
(ブラックオパールマイカ)

【Royal Therapy】
LS460L EXECUTIVE 5人乗り
(スリークエクリュメタリック)

【Wild Beauty】
LS600h F SPORT
(スターライトブラックガラスフレーク)

【Passionate Spirit】
LS460 Version L
(レッドマイカクリスタルシャイン)

【Escape Journey】
LS460 versionC・I package
(ホワイトパールクリスタルシャイン)

展示車は都合により急遽変更する場合がございます。

L-Select Monthly Pick Up 「Royal Therapy」

Royal Therapy
Royal Therapy
心身を落ち着かせてくれる、優雅で洗練された「癒し」の空間

仕事にひと区切りをつけて、心とからだが求めるままに自分自身を開放する。
そんな時間を大切にしたいし、それがいちばんの贅沢だと思っている。
レクサスのおもてなしの心を背景とした、五感に訴えかける極上のリラクゼーション。
本来の自分に帰る時間は、このクルマから始まる。

Royal Therapy
Royal Therapy
オーナメントパネル「矢羽根」

オーナメントパネルの「矢羽根」とは、組子模様のひとつで、矢の羽根のような形に板を張り合わせる装飾貼りのこと。
その工程は、木材を細かく裁断する、一枚一枚張り合わせる、斜めにカットする、V字型に組み合わせる、薄くスライスするというもの。
言葉に表すとシンプルですが、色目をきれいに合わせたり、また木材を張り合わせた部分はとても壊れやすく、木工技術の中でも各段に丁寧な扱いが必要とされる
ため、一つひとつの工程に気の遠くなるほどの時間をかけています。
こうして完成した「矢羽根」は、見る角度、見る時々で多彩なきらめきを見せ、優雅で華やかな空間を演出します。

LEXUS「F」の世界

LFA展示

LFA
ボディカラー:ブラック

RC F Carbon Exterior package

RC F Carbon Exterior package
ボディカラー:ラヴァオレンジクリスタルシャイン

GSF

GSF
ボディカラー:ヒートブルーコントラストレイヤリング
7月31日まで展示予定

クルマにも料理と同じように"味"がある。LFA開発チームのマスタードライバーは、かつてそう言いました。
クルマの味。
それは、コンピュータの数値だけでは得られない、心と体へダイレクトに訴えかける感覚的な性能のこと。そしてその味がシャープでクリアなほど、
ドライバーは意のままにクルマを操ることができる。
レクサスは、このエモーショナルな性能を、富士スピードウェイやニュルブルクリンクをはじめ、世界中の道で徹底的に鍛え上げてきました。
LEXUS「F」のDNAは、革新的なスーパーカーLFAをはじめRC Fにも受け継がれ、F SPORTラインナップの開発にも反映されています。
是非、レクサスギャラリー高輪にてLFAとRC Fの「F」の世界をお楽しみ下さい。

展示車は都合により急遽変更する場合がございます。

Special Features 千住博画伯とLEXUS

千住さんがレクサスギャラリー高輪にご来館された際、展示中の作品“ウォーターフォール”にこめた思いについて語って頂きました。

ウォーターフォール「喜」「怒」「哀」「楽」
ウォーターフォール「喜」「怒」「哀」「楽」

人間の感情「喜怒哀楽」をテーマにした4連作
日本画サイズ:1,700mm x 1,700mm (1作品)

『ウォーターフォール』とレクサス

この作品は2005年にレクサスがミラノサローネに出展する際に作ったものです。ミラノというルネサンス文化 (人間性回復) の中心地で、人間性に視野を広げながら、物質文明であった車を文化という軸で見てほしい・・・そういう思いをこめて制作しました。レクサスは日本から発信されたブランドです。その中には日本の美である「侘び (=空間への尊敬)」「寂び (=時間への尊敬)」を見ることができます。日本の美とは余分なものを持っていないということ、これは武士道の考えから来ています。レクサスもデザインや様々な技術において、武士道 (=日本文化の基本) に通じるものを持っています。レクサスがミラノサローネにおいて出展した際の意識は、まさに「武士道の美意識」でした。「時間と空間に対する尊敬=日本文化」・・・これは21世紀を牽引していく考え方だと思いませんか。

Special Features 千住博画伯とLEXUS

画材は全て天然の絵の具を使用しました。白の発色には牡蠣の貝殻を砕いたものを使いました。天然素材を使うことによって、絵は千年たっても色あせません。その絵具を重力に従って流す・・・。自然の側に身を置く精神、これこそ21世紀の私達が忘れてならない大切な事です。

Special Features 千住博画伯とLEXUS
千住博 プロフィール

1958年東京生まれ。東京芸術大学大学院博士課程終了。1995年ベネチア・ビエンナーレ絵画部門優秀賞を受賞。代表作品に大徳寺聚光院別院77面の襖絵 (2002)、羽田空港第2ターミナルのアートプロデュース (2004) がある。2005年愛知万博フィナーレに開催した能舞台のアートディレクターを担当。

Special Features 千住博画伯とLEXUS