2016年3月4日(金) GRAND ATLAS SPECIAL EVENT in TOKYO TOWER

今の時代にふさわしい「LUXURY」とは何か。
それを追い求め、独創的な活動を続けるLEXUS。
様々な分野の方々とともに、新しい上質探しの旅を続ける番組「GRAND ATLAS」。

そんな両者が仕掛ける今回のプロジェクト。
そしてそこには、「日本人の技術と感性を世界に発信したい」という総合プロデューサーである小山薫堂の真摯な思いがあった。

【開催概要】
イベント名 天空の湯会
実施日 2016年3月4日(金) 深夜0:00~ (予定)
会 場 東京タワー大展望台 (1階)

今回、小山が着目したもの― それは・・・「風呂」

日本が世界に誇ることのできる可能性を秘めた文化。その文化を広めるために小山が企てたこと。

それは、東京タワーに風呂を設置する。ミニマルな空間。自己と対峙する宇宙。

そんなコンテンポラリーな湯室を設計するのは、国立競技場設計者に指名されたことが記憶に新しい、国際的建築家、隈研吾。
隈研吾ならではの解釈により「風呂」は分解、再構築され湯道へと昇華する―。

そして、湯室を設置する、東京のシンボル、東京タワー。その眼下には東京の夜景が―。

LEXUSの考える日本人の奥底に宿る愉しみを形にした、究極のホスピタリティ体験施設。
小山薫堂プロデュース、東京タワーで楽しむ隈研吾デザインの風呂。

一夜限りの“天空の湯会”。是非ご期待ください。

小山薫堂
【小山薫堂】 放送作家として数々の名番組を手掛ける。
映画脚本を手がけた「おくりびと」は、アカデミー賞外国語映画賞を受賞。
プロデュースした熊本県のPRキャラクター「くまもん」が全国で人気に。
隈研吾
【隈研吾】 隈研吾建築都市設計事務所代表。
世界で活躍する日本を代表する建築家のひとり。
木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称される。

募集は終了しました

GRAND ATLAS 公式サイトはこちら